コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弗素(フッ素) ふっそfluorine

翻訳|fluorine

1件 の用語解説(弗素(フッ素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっそ【弗素(フッ素) fluorine】

周期表元素記号=F 原子番号=9原子量=18.998403地殻中の存在度=625ppm(12位)安定核種存在比 19F=100%融点=-219.62℃ 沸点=-188℃気体の密度=1.696g/l(0℃,1気圧) 液体の比重=1.54(-196℃)臨界温度=-128.85℃ 臨界圧=51.47気圧電子配置=[He]2s22p5 おもな酸化数=-I周期表第VIIB族に属するハロゲン元素の一つ。強い反応性のため単体としては天然に産出せず,蛍石CaF2,氷晶石Na3AlF6などの鉱物として産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone