コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弗素(フッ素) ふっそ fluorine

翻訳|fluorine

1件 の用語解説(弗素(フッ素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっそ【弗素(フッ素) fluorine】

周期表元素記号=F 原子番号=9原子量=18.998403地殻中の存在度=625ppm(12位)安定核種存在比 19F=100%融点=-219.62℃ 沸点=-188℃気体の密度=1.696g/l(0℃,1気圧) 液体の比重=1.54(-196℃)臨界温度=-128.85℃ 臨界圧=51.47気圧電子配置=[He]2s22p5 おもな酸化数=-I周期表第VIIB族に属するハロゲン元素の一つ。強い反応性のため単体としては天然に産出せず,蛍石CaF2,氷晶石Na3AlF6などの鉱物として産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弗素(フッ素)の関連キーワードエルビウムケイ素スズタリウムツリウムテルビウムテルルハフニウムフッ素弗素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone