コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘巌玄猊

美術人名辞典の解説

弘巌玄猊

江戸後期の僧。越後生。玄猊は諱、弘巌は字、古心庵と号する。白隠慧鶴に参じたのち、その高弟遂翁元盧に請益。その後、播磨の滄海宜運の印記を受けた。高源寺に入寺し、その復興に努める。文政4年(1821)寂、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android