弘田 長(読み)ヒロタ ツカサ

20世紀日本人名事典「弘田 長」の解説

弘田 長
ヒロタ ツカサ

明治・大正期の医学者 東京帝国大学名誉教授;宮内省御用掛。



生年
安政6年6月5日(1859年)

没年
昭和3(1928)年11月27日

出生地
土佐国幡多郡中村(高知県)

学歴〔年〕
東京大学医学部〔明治13年〕

学位〔年〕
医学博士〔明治24年〕

経歴
明治13年東京帝大附属医院勤務、14年大学御用掛として外科に勤務したのち、熊本県立医学校教諭となり、16年校長兼附属病院長。18年ドイツに留学し、ストラスブルグ大学で小児科専攻。21年帰国し、22年帝大教授となり、小児科主任。23年養老院医長兼任。32年宮内省御用となり、内親王皇孫、ついで迪宮(昭和天皇)、淳宮(秩父宮雍仁親王)の診療に当った。大正10年東京帝大教授及び宮内省御用掛を辞し、11年名誉教授となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「弘田 長」の解説

弘田 長 (ひろた つかさ)

生年月日:1859年6月5日
明治時代;大正時代の医学者。熊本県立医学校校長・病院長
1928年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android