コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生時代のクニグニ

1件 の用語解説(弥生時代のクニグニの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

弥生時代のクニグニ

「漢書地理志」は「楽浪海中に倭人あり、分かれて百余国となる」とあり、紀元前1世紀ごろには100のクニがあったようだ。それが、のちの「魏志倭人伝」には「今、使訳通ずる所三十国」となる。100国が30国に統合されたのか、それとも30国とは中国と通交したクニだけを示すのか、諸説ある。倭人伝記載のクニのうち、所在地にほぼ異論がないのは、対馬国(対馬)、一支国(壱岐)、末盧国(佐賀県唐津市周辺)、伊都国(福岡県糸島半島付近)、奴国(福岡平野付近)など。

(2011-02-08 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生時代のクニグニの関連キーワード海草漢書貫頭衣班固楽浪郡倭人海中三史書地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone