コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱吟・柔吟・ヨワ吟 よわぎん

大辞林 第三版の解説

よわぎん【弱吟・柔吟・ヨワ吟】

能の謡の二種の吟型の一。優美・風雅・哀愁・女性的などの感じを表現する謡い方。ツヨ吟に比べてナビキ(ビブラート)が穏やかで規則的なため音高が聞き取りやすく、音域も広いので、より旋律的に感じられる。 ↔ 強吟つよぎん 〔普通「ヨワ吟」と書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弱吟・柔吟・ヨワ吟の関連キーワードヨワ吟ナビキ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android