コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張り物・張物 はりもの

大辞林 第三版の解説

はりもの【張り物・張物】

のりをつけた布や染色した布を板張りまたは伸子しんし張りにすること。また、その布。 「日向で一心に-をして居る/薄命のすず子 お室
歌舞伎の大道具で、木や竹を組んで紙や布を張り、岩石・樹木などの形にしたもの。
見せかけだけで、中身のないこと。 「人の内証は-/浮世草子・永代蔵 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

張り物・張物の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android