張り込む・張込む・貼り込む(読み)はりこむ

大辞林 第三版の解説

はりこむ【張り込む・張込む・貼り込む】

( 動五[四] )
(「貼り込む」とも書く)中にはりつける。 「アルバムに写真を-・む」
張り番をする。刑事などが犯人の立ち寄りそうな場所に待機して見張りをする。 「犯人の立ち回り先に-・む」
あることのために思い切りよく大金を使う。奮発する。 「チップを-・む」 「一人娘の晴れ着に-・む」
力を入れる。精を出す。 「まじめになつて-・むと/滑稽本・続膝栗毛」
高圧的に出たり、理屈を言ったりして相手をへこます。 「遣手婆婆ばあさんや引手の伯母御に-・まれちやあ男が立たねえ/人情本・梅児誉美 3
[可能] はりこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android