コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張秋穀

1件 の用語解説(張秋穀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

張秋穀

清代の画家。浙江省仁和生。初名は昆、のち莘。秋穀は字、西冷釣徒と号する。幼少より画を好み、倪Dに山水を、呉鎮に蘭竹を学ぶ。また南画の南田様式は実際は彼の作品によって啓発されたものであろう。弟子に顧西梅等。天明六年(1786)に来日しており、来舶四大家の一人に数えられる。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張秋穀の関連キーワード藍瑛徐雨亭王克三王冶梅陳逸舟沈小霞馮仙湜費漢源祁豸佳金冬心

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone