コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強歩大会

1件 の用語解説(強歩大会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

強歩大会

長距離を歩く行事は「強歩大会」「ウオークラリー」などの呼び名で全国各地の学校で行われている。体力を培うとともに集団行動を通して規律ある態度や相互理解の心を育てることが目的。ただし、生徒が体調を崩したり交通事故にあったりする危険もある。山梨県では10年ほど前まではすべての県立高校で行われていたが、その後、別の行事に切り替える高校も出ている。茨城県の場合、県立の全日制高校111校のうち17校で行われている。このうち水戸一高が一番長い距離を歩く。

(2007-10-21 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強歩大会の関連情報