コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強毒と弱毒

1件 の用語解説(強毒と弱毒の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

強毒と弱毒

人に対する致死性の強さを示す。毎冬流行するインフルエンザウイルスは、弱毒型で致死率は0.05~0.1%程度。症状は主に呼吸器に限られる。ウイルスの遺伝子変化などで、全身に強い症状を引き起こし、致死性が高くなると強毒型と呼ぶ。代表は鳥ウイルスH5N1型で、人に感染すると致死率約6割。今回の豚ウイルスは、遺伝子の配列を検討した結果、強毒を示す変化が起きていないため「弱毒」と判断されている。

(2009-04-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強毒と弱毒の関連キーワード吸光度磁化曲線半価層フェヒナーの法則飽和磁化腕立て酸性度致死率強さアクセント引っ掻き硬度

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone