強靱鋼(読み)きょうじんこう(英語表記)high toughness steel

世界大百科事典 第2版の解説

きょうじんこう【強靱鋼 high toughness steel】

高い強さとある程度の延性,すなわち強靱さをもつ鋼の総称。強靱さをもつ金属材料は,主として引張破断のときの消費エネルギーが大きい。このような強靱さを必要とする鋼としては機械構造用鋼がある。また,共析鋼を冷間線引きし,低温焼きなましをして製造するピアノ線や,ニッケルを合金元素としてアルミニウムやチタンを添加したマルエージング鋼も強靱な材料として開発されたものである。【木原 諄二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android