コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て・宛て あて

大辞林 第三版の解説

あて【当て・宛て】

( 名 )
めあて。目的。 「 -もなくさまよう」
みこみ。めあて。 「解決の-がある」 「金策の-がつく」 「捜索の-がない」
たより。期待。 「親の財産を-にする」 「 -がはずれる」 「 -にならない男」
他の語と複合して用いられる。
体・衣類などを保護し補強するため、あてるもの。 「肩-」 「ひじ-」
うちつけること。 「 -身」 「鞘さや-」
〔近畿地方で〕 酒のつまみ。
( 接尾 )
数量を表す名詞に付いて、…あたり、…について、の意を表す。 「ひとり-三つずつ」
人・団体や場所などを表す名詞に付いて、送り先・届け先などを表す。 《宛》 「返事は私-にください」 「会社-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android