コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て・宛て あて

1件 の用語解説(当て・宛ての意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あて【当て・宛て】

( 名 )
めあて。目的。 「 -もなくさまよう」
みこみ。めあて。 「解決の-がある」 「金策の-がつく」 「捜索の-がない」
たより。期待。 「親の財産を-にする」 「 -がはずれる」 「 -にならない男」
他の語と複合して用いられる。
体・衣類などを保護し補強するため、あてるもの。 「肩-」 「ひじ-」
うちつけること。 「 -身」 「鞘さや-」
〔近畿地方で〕 酒のつまみ。
( 接尾 )
数量を表す名詞に付いて、…あたり、…について、の意を表す。 「ひとり-三つずつ」
人・団体や場所などを表す名詞に付いて、送り先・届け先などを表す。 《宛》 「返事は私-にください」 「会社-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone