コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役割距離 やくわりきょり

1件 の用語解説(役割距離の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

役割距離

自分が担う役割に期待される行動様式に対しての抵抗、または抵抗を表現すること。E.ゴッフマンの提唱した概念。 個人は複数の役割を担う社会的存在だが、異なる複数の役割期待をただ無反省に取り入れて実践するのではなく、独自に統合させた上で役割行動をとっている。複数の役割を同時に取り入れようとすると、個々の役割ごとの距離を意識してコントロールする必要が出てくる。むしろ個人が、個々の役割との役割距離を感じながら調節しているからこそ、その人なりに統合された役割行動が可能となる、と考えられる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役割距離の関連キーワード同調役割役割葛藤制度役割期待/役割行動役割形成役割理論人間像運搬電流モッビング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone