役屋・役家(読み)やくや

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐や【役屋・役家】

〘名〙
江戸幕府で、役をつとめるものの家。役宅。役屋敷。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)四月六日「役屋の者十度にあまりさいそくしたる様子」
② 近世前期、検地帳登録者のうち、屋敷を持ち、一人前夫役(ぶやく)を負担する農民。役人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android