コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後らかす おくらかす

大辞林 第三版の解説

おくらかす【後らかす】

( 動四 )
あとに残す。置き去りにする。 「にはかに惑ひ出で給ひし騒ぎに、みな-・してければ、また人もなし/源氏 玉鬘
生き残らせる。人を残して、先に死ぬ。 「今は限りの道にしも我を-・し/源氏 蜻蛉
おろそかにする。なおざりにする。怠る。 「後の世の御勤めも、-・し給はず/源氏 匂宮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後らかすの関連キーワード御勤め源氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android