後上・跡上(読み)あとあがり

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐あがり【後上・跡上】

〘名〙 近世、男子の髪型の一つ。月代(さかやき)を小さく剃り、髻(もとどり)を高く結ったもの。もと、奴風の糸鬢(いとびん)に対して上品と言われたが、天和・貞享(一六八一‐八八)期にはすでに古風でやぼったいものとされた。うしろあがり。⇔あと下がり
浮世草子・本朝二十不孝(1686)三「才覚らしき男鬢付(びんつき)(アト)あがりにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android