コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後崇光太上天皇

1件 の用語解説(後崇光太上天皇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

後崇光太上天皇

伏見宮家第三代当主。栄仁親王の王子、崇光天皇の孫。名は貞成、法名は道欽。第一王子の彦仁親王(後花園天皇)が即位、太上天皇の尊号を受ける。著書に『看聞御記』『椿葉記』『沙玉和歌集』等がある。康正2年(1456)崩御、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後崇光太上天皇の関連キーワード伏見宮邦家親王伏見宮邦永親王伏見宮貞清親王伏見宮貞建親王伏見宮貞常親王伏見宮東伏見宮貞致親王治仁王東伏見宮依仁親王

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone