後座・跡座(読み)あとざ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ざ【後座・跡座】

〘名〙 能舞台で、舞台後方の幅三間(約五・五メートル)奥行一間半(約二・七メートル)の板張りの部分。板の張り方が舞台の縦に張った張り方と直角に、横に張った板張りになっており、橋懸りに続く。正面に囃方(はやしかた)、向かって左隅に後見がすわる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android