コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後見(能)

1件 の用語解説(後見(能)の意味・用語解説を検索)

能楽事典の解説

後見(能)

舞台の進行が円滑に運ぶよう見届ける役割。装束を直したり、作り物小道具の受け渡し役を務めるほか、シテに万一事故があったとき、直ちに代役を演じなければならないため、大変重要な役割です。それゆえ、特に後見のリーダーである主後見の役は、シテと同格か、演目によってはシテより上位の者が担当することが多くなっています。

出典|社団法人能楽協会
能楽事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone