コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後部座席シートベルト

1件 の用語解説(後部座席シートベルトの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

後部座席シートベルト

道交法改正で、2008年6月から車の全座席での着用が義務化され、同年秋から取り締まりが始まった。高速道路での非着用には違反点数1点が科されるが、一般道での罰則規定はない。後部座席中央のベルトは、腹部付近のみ固定する2点式から、たすきがけのような形でより安全な3点式の採用が主流になった。3点式シートベルトは「自動車の安全史上最大の発明」と言われ、1950年代にスウェーデンボルボ社が開発、特許を無償で自動車各社に公開した。

(2010-02-21 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後部座席シートベルトの関連キーワード道交法チャイルドシートの義務化運転免許制度の改正改正道交法教員免許法改正案道交法の酒類提供罪放置違反金07年9月施行の改正道交法後部座席のシートベルト着用運転免許証自主返納制度

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後部座席シートベルトの関連情報