後部座席シートベルト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

後部座席シートベルト

道交法改正で、2008年6月から車の全座席での着用が義務化され、同年秋から取り締まりが始まった。高速道路での非着用には違反点数1点が科されるが、一般道での罰則規定はない。後部座席中央のベルトは、腹部付近のみ固定する2点式から、たすきがけのような形でより安全な3点式の採用が主流になった。3点式シートベルトは「自動車の安全史上最大の発明」と言われ、1950年代にスウェーデンのボルボ社が開発、特許を無償で自動車各社に公開した。

(2010-02-21 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後部座席シートベルトの関連情報