後閑 菊野(読み)ゴカン キクノ

20世紀日本人名事典の解説

後閑 菊野
ゴカン キクノ

明治〜昭和期の教育家 桜蔭高等女学校初代校長。



生年
慶応2年10月9日(1866年)

没年
昭和6(1931)年6月21日

出身地
播磨国(兵庫県)

学歴〔年〕
東京女子師範学校小学師範科〔明治17年〕卒,東京女子高等師範学校卒

経歴
後閑弥平次・こうの三女に生まれる。東京女子師範学校教師を経て、東京女子高等師範学校教授となる。塚本誠を婿に迎え家を継ぐ。国語・修身・作法・家事を担当し、中学用「家事教科書」「作法教科書」「家計簿記法」を著作、「家事管理」「家事経済」の一般家政書も著すなど明治期の家事教育の基礎を作った。大正7年久邇宮良子が皇太子妃に内定すると教育係となった。13年桜蔭高等女学校創立と共に校長に就任。著書に「家事提要」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

後閑 菊野 (ごかん きくの)

生年月日:1866年10月9日
明治時代-昭和時代の教育者。本郷元町桜蔭高等女学校校長;久迩宮邸内学問所教育主任
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android