コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐雨亭

1件 の用語解説(徐雨亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徐雨亭

清代の画家。道光4年(1824)浙江平湖県乍浦生。初名は世昌、諱は溶、号は観山樵者。文久元年(1861)から慶応3年(1867)まで長崎へ来舶し、谷口藍田・山田楳村・木下逸雲らと交わる。山水を好んで画く。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐雨亭の関連キーワード王克三王椒畦王巌張澹陳逸舟馮鏡如馮仙湜費漢源金冬心金農

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone