コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐雨亭

美術人名辞典の解説

徐雨亭

清代の画家。道光4年(1824)浙江平湖県乍浦生。初名は世昌、諱は溶、号は観山樵者。文久元年(1861)から慶応3年(1867)まで長崎へ来舶し、谷口藍田・山田楳村・木下逸雲らと交わる。山水を好んで画く。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

徐雨亭の関連キーワード村田 香谷長井雲坪村田香谷浅井柳塘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android