コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒者・悪戯者 いたずらもの

大辞林 第三版の解説

いたずらもの【徒者・悪戯者】

いたずら好きの人。
役に立たない者。また、落ちぶれた人。 「今はつかさもなき-になれるよし也/著聞 5
怠け者。 「かれは家業を嫌ふ-の世事しらず/読本・英草紙」
みだらな者。特に、浮気な女。 「敵の手かけ・妾と成る様なすけべいの-/浄瑠璃・平家女護島」
ならず者。無法者。 「かかる無理無法なる-/仮名草子・伊曽保物語」
ネズミの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徒者・悪戯者の関連キーワード平家女護島仮名草子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android