コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従如上人

1件 の用語解説(従如上人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

従如上人

江戸中期の浄土真宗の僧。東本願寺十八世。十六世一如上人の子。諱は性慧・光超。幼名は秀麿、別号は愚川・諦住院。はじめ大和教行寺の住職となる。十七世真如の法嗣光乗が早世したため、その後継者となった。九世将軍家重から大谷本廟南隣の地を下付された。大僧正に任ぜられる。宝暦10年(1760)寂、40才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

従如上人の関連キーワード法如上人本如上人教如上人良如上人宣如上人乗如上人湛如上人宝如上人寂如上人本願寺派

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone