コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従妹ベット いとこベットLa Cousine Bette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従妹ベット
いとこベット
La Cousine Bette

フランスの小説家バルザック長編小説。 1847年刊。テーマは陸軍省局長デルビー男爵の際限を知らない放蕩と,男爵の妻アドリーヌの従妹で不遇なリスベット (通称ベット) が自尊心を傷つけられたことからはかる男爵家への復讐との2つ。ルイ・フィリップ治下の七月王政時代を背景に,強欲な商人,没落する軍人,貴族などが登場し,情熱ゆえに破滅する人間の姿を描いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いとこベット【従妹ベット】

《原題、〈フランス〉La Cousine Betteバルザックの小説。1846年発表。「人間喜劇」の「パリの生活情景」に分類される作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

従妹ベットの関連キーワードエリザベス シュージェシカ ラング従兄ポンス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従妹ベットの関連情報