コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従業員持ち株会とみなし配当

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

従業員持ち株会とみなし配当

従業員が給与から一定額を拠出して自社株を取得する組織「従業員持ち株会」は、安定株主獲得や従業員の福利厚生を目的に多くの企業が導入。非上場企業では、一般的に従業員は退職する際に持ち株を会に売却する。会社が持ち株会の株を帳簿上の価格より高く買い上げた場合、その差額は税法上、会社が持ち株会に利益を配当したとみなされ所得税の源泉徴収の対象となる。

(2007-02-07 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android