コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徘徊中の列車事故訴訟

1件 の用語解説(徘徊中の列車事故訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徘徊中の列車事故訴訟

愛知県大府市で07年、徘徊中の認知症の男性(当時91)が列車にはねられて死亡。JR東海が振り替え輸送費など約720万円の損害賠償を遺族に求めた。名古屋地裁は13年、同居の妻と別居の長男に約720万円の支払いを命じた。名古屋高裁は14年、妻のみに監督義務を認め、約360万円の支払いを命じた。

(2016-02-25 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徘徊中の列車事故訴訟の関連情報