コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徘徊SOSネットワーク

1件 の用語解説(徘徊SOSネットワークの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徘徊SOSネットワーク

行方が分からなくなった認知症患者を地域ぐるみで捜索し、早期発見と保護につなげることが目的。警察や福祉施設、鉄道、タクシー会社、コンビニ、住民などが情報を共有、協力して捜す。実際に死亡者が出た北海道釧路市で1994年に立ち上がった。国の支援で、同様の仕組みは各地でできたが、運用に差が大きいとされる。都市部、過疎地など地域によって条件が異なるため、モデルづくりも難しい。

(2012-04-04 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徘徊SOSネットワークの関連キーワード軽度認知障害消息を絶つ認知症サポーター制度行方無し老人性認知症認認介護メタ認知認知症の主な症状認知症サポーター認知症患者の療養場所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徘徊SOSネットワークの関連情報