コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御・大御 おおん

大辞林 第三版の解説

おおん【御・大御】

( 接頭 )
〔「おおみ(大御)」の転。「おほむ」とも表記〕
神・天皇に関する語に付いて、高い敬意を表す。 「 -ぶく(大御服)」 「 -とき(御時)」
下にくる名詞が省かれて単独で名詞のように用いられることがある。 「これもうちの-(=「御歌」ノ略)/大和 52」 「対の上の-(=「御香」ノ略)は三種ある中に/源氏 梅枝」 〔「おおん」 「おん」は多く「御」と漢字で書かれ、「おおん」か「おん」かその読み方が決定しがたい。しかし、中古の例は「おおん」と読むべきものといわれる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android