コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御・漁・禦・馭・魚(読み)ぎょ

大辞林 第三版の解説

ぎょ【御・漁・禦・馭・魚】

【魚】 [音] ギョ
うお。さかな。 「魚介・魚群・魚鳥・魚肉・魚網・魚類・金魚・香魚・成魚・鮮魚・稚魚・養魚」
魚の形状をしたもの。 「魚拓・魚板・魚雷・人魚・木魚」
【御】 [音] ギョ ・ゴ
〔「馭」の書き換え字としても用いられる〕 馬・車馬を扱う。 「御者」
支配する。 「御宇・制御・統御」
〔「禦」に同じ〕 ふせぐ。 「防御」
天子の行為・持ち物などであることを表す。 「御衣・御感・御璽・御寝・御製・御題・御物ぎよぶつごもつ)・御名・還御・入御じゆぎよにゆうぎよ)・渡御・崩御・臨御・供御くごくぎよ)」
他人の行為・持ち物につけて敬意を表す。 「御意・御忌ぎよきごき)・御慶ぎよけいごけい)・御作・御前ごぜん
物事につけて丁寧の意を表す。 「《ゴ》御膳・御飯・御幣」
こしもと。女官。 「女御にようごによご)」
【 馭 】 [音] ギョ
馬をあやつる。 「馭者・駕馭がぎよ
使いこなす。 「統馭」 〔「御」とも書き換えられる〕
【漁】 [音] ギョ ・リョウ
魚をとる。すなどる。 「《ギョ》漁火・漁歌・漁獲・漁期・漁礁・漁場・漁村・漁夫・漁労・漁撈ぎよろう」 「《リョウ》禁漁・大漁・不漁」 〔「リョウ」は「猟」の字音との混同から生じた慣用読み〕
むさぼりあさる。 「漁色」
【 禦 】 [音] ギョ
〔「御」に同じ〕 ふせぐ。 「強禦・制禦・防禦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android