コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前山[村] ごぜんやま

1件 の用語解説(御前山[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごぜんやま【御前山[村]】

茨城県北西部,東茨城郡の村。人口4753(1995)。八溝山地縁辺の丘陵地を占め,中央部を那珂川が東流し,西は栃木県と接する。江戸時代は水戸藩領で,江戸後期に水戸藩の郷校の一つ時雍館(じようかん)が置かれ,幕末には天狗党の乱の陣地ともなった。1960年代に人口流出が著しく,70年に過疎地域の指定を受けた。シイタケ栽培行われる。緒川村にかけ日野自動車テストコースがある。御前山県立自然公園に含まれ,近年は観光開発に力が注がれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御前山[村]の関連キーワード茨城県奥久慈かつら袋田温泉茨城大洗北茨城常陸大宮願入寺アクアワールド大洗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone