コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御填り・御塡り おはまり

大辞林 第三版の解説

おはまり【御填り・御塡り】

夢中になること。悪いことに溺おぼれること。 「ふかい恋の淵をしりながら水心しらぬ人の-なり/浮世草子・椀久二世
計略にかかってだまされること。また、思い違いをすること。 「大抵の梅桜と同じ事に思するさうながそれは大きな-/浄瑠璃・日本西王母」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御填り・御塡りの関連キーワード浮世草子浄瑠璃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android