コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御子左為兼

美術人名辞典の解説

御子左為兼

鎌倉後期の公卿。為教の男、為家の孫。正二位権大納言。正和二年薙髪して名を蓮覚と改める。應長の初め頃、伏見上皇の院宣を奉じて『玉葉和歌集』を撰した。元弘2年(1332)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android