コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御岳・御嶽 うたき

大辞林 第三版の解説

うたき【御岳・御嶽】

沖縄地方で、ムイ・ウガン・オンなどと呼ばれる聖地の総称。多くは村の信仰の中心となる聖域で村の祭りが催され、神女のろが祈願する。

みたけ【御岳・御嶽】

〔「み」は美称〕
山。特に、高い山。 〔和名抄〕

みたけ【御岳・御嶽】

奈良県吉野にある金峰山きんぷせんの異名。
東京都青梅市西部にある山。海抜929メートル。山上に御岳神社と御師おしの集落がある。御岳山。
御岳おんたけの別名。木曽御岳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御岳・御嶽の関連キーワード和名抄御岳山美称山上神女信仰聖域総称聖地異名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android