御岳山と御岳登山鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

御岳山と御岳登山鉄道

御岳山は古来よりオオカミ信仰の山として知られ、山頂の武蔵御嶽神社が関東一円の農家らの信仰の対象となり、「講」という独特の参拝客でにぎわった。住民が営む宿坊が現在も二十数カ所ある。御岳登山鉄道は1927年に設立され、神社所有の山林を切り開き、35年に運輸営業を始めた。集落の住民の多くが同社の株主だ。京王グループで、従業員24人。昨年度の乗降客数は約48万人。

(2016-03-31 朝日新聞 朝刊 多摩・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android