コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座在る ござある

大辞林 第三版の解説

ござある【御座在る】

( 動四 )
〔「ござ」に動詞「あり」の付いたもの。「ござあり」で本来はラ行変格活用であるが、のちラ行四段となる。この語形からさらに「ござる」が生じた〕
「ある」「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。いられる。 「屋形の中に-・るこそ日本国の主、忝かたじけなくも十善の君にていらせ給へ/太平記 7
「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。行かれる。来られる。 「高宗…田遊岩が門まで-・りて/中華若木詩抄」
「ある」の丁寧語。あります。 「市あまた-・るとは申せども/狂言・牛馬」
(補助動詞)
補助動詞「ある」「いる」の尊敬語。 「何とて旦那は寿命の洗濯に日和ひより見て-・るぞ/浮世草子・色三味線」
「ある」の意の丁寧語。ます。 「罷出たる者は洛中に住居いたす者で-・る/狂言・煎物」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android