コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御戸代・御刀代 みとしろ

大辞林 第三版の解説

みとしろ【御戸代・御刀代】

神に供える稲を作る田。みたしろ。神田しんでん。 「皇神の-を始めて/祝詞 広瀬大忌祭

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報