御戸代・神田(読み)みとしろ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「みと」は「御処」で神有地の意かという) 神にささげる稲を作るための田。神領の田。神田(しんでん)。御戸代小田。御戸代田。みたしろ。
※書紀(720)持統四年正月(北野本訓)「幣(みてくら)を畿内の天神地祇に班(あかちまた)したまふ。及神戸田地(ミトシロ)増したまふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android