御木本 隆三(読み)ミキモト リュウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

御木本 隆三
ミキモト リュウゾウ

大正・昭和期の経済学者



生年
明治26(1893)年10月27日

没年
昭和46(1971)年6月6日

出生地
三重県鳥羽

学歴〔年〕
京都帝国大学経済学部中退

経歴
大学で河上肇に師事。大正9年中退して渡英し、ケンブリッジ、オックスフォード大学に学ぶ。ラスキンに傾倒し東京ラスキン協会などを設立し、11年「ラスキンの経済的美術観」や昭和3年「ラスキン研究」を刊行。訳書にラスキン「近世画家論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android