御火焚・御火焼(読み)おひたき

大辞林 第三版の解説

おひたき【御火焚・御火焼】

江戸時代から京都地方などで行われる神事。陰暦11月に社前に神楽を奏し供物を供え、火を焚いて祭った。また、鍛冶屋の鞴ふいご祭りなど、民間で行われることもあった。おほたき。 [季] 冬。

おほたき【御火焚・御火焼】

おひたき(御火焚)」に同じ。 [季] 冬。 《 -の幣燃えながら揚りけり /鈴鹿野風呂 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ひたき【御火焚・御火焼】

〘名〙 (「お」は接頭語) 陰暦一一月八日に京都を中心に行なわれた神事宮中では内侍所御神楽(おかぐら)などがあり、神社では神前に新穀の神饌と神酒をそなえ、神楽を奏し、庭上で清火をたく。民間では製茶、製瓦、鍛冶(かじ)、風呂屋など火を用いる家が火をまつる。宮中の神事は一条天皇のころに始まるという伝承があり、最近は鍛冶屋の韛祭(ふいごまつり)におもかげをとどめている。おほたき。《季・冬》
※俳諧・類船集(1676)美「御火焼(ヲヒタキ)のそなへ物に大かたみつかんおほし」
[補注]古くは「(お)ほたき」「ほたけ」で、「(お)ひたき」の語形がみえるのは江戸時代になってから。

お‐ほたき【御火焚・御火焼】

〘名〙 (「お」は接頭語。「おほだき」とも) =おひたき(御火焚)《季・冬》
※御湯殿上日記‐明応六年(1497)一一月一九日「御かうの宮の御ほたきのかちん、御とひまいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android