コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御火焚・御火焼 おひたき

大辞林 第三版の解説

おひたき【御火焚・御火焼】

江戸時代から京都地方などで行われる神事。陰暦11月に社前に神楽を奏し供物を供え、火を焚いて祭った。また、鍛冶屋の鞴ふいご祭りなど、民間で行われることもあった。おほたき。 [季] 冬。

おほたき【御火焚・御火焼】

おひたき(御火焚)」に同じ。 [季] 冬。 《 -の幣燃えながら揚りけり /鈴鹿野風呂 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御火焚・御火焼の関連キーワード鈴鹿野風呂江戸時代御火焚鍛冶屋神楽神事社前供物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android