御灯・御燈(読み)ごとう

  • みとう

大辞林 第三版の解説

神仏や貴人の前にともす灯火。みあかし。
陰暦3月3日・9月3日に、天皇が北辰(北極星)に灯明をささげる行事。 ついたちには-の御清まはりなべければ/栄花 初花
神仏に供える灯火。みあかし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android