御頼・御憑(読み)おたのむ

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐たのむ【御頼・御憑】

〘名〙 (「お」は接頭語) 中世近世、八朔(はっさく)の習礼をいう。「たのみ」は「田実」の意ともいい、初穂の収穫を祝う民間の習俗が、鎌倉時代より朝廷・幕府にとり入れられ、互いに贈答を行なったもの。たのむ。おたのみ。
※満済准后日記‐正長二年(1429)八月一日「内裏・仙洞御憑如常以状進之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android