コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復刻(覆刻) ふっこく

1件 の用語解説(復刻(覆刻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこく【復刻(覆刻)】

すでに印刷用原版が失われている出版物を再刊するとき,印刷方式をはじめ文字,組体裁,装丁,紙質などすべてにわたって原本の姿を忠実に再現して作製することをいう。木版印刷の場合は,原本の刷本を版下として用いて復刻用の板木を彫り,再刊する方法がとられたが,これを〈かぶせぼり〉とも称する。近年は木版や活版による原本でも,オフセット印刷によって精巧な復刻が行われるが,厳密な意味では復刻とはいいがたい。いずれにしても復刻は,原本のもつ資料的価値,希覯(きこう)性にもとづいて行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

復刻(覆刻)の関連キーワード官版改版刷版出版物秘密出版復刊異版原版刷刷出しビデオブック

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone