コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復興特別区域(特区)

1件 の用語解説(復興特別区域(特区)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

復興特別区域(特区)

東日本大震災からの復興を促すため、被災した227市町村を対象に、工場や店の立地を制限する国の規制を緩めたり、進出した企業への税金を減免したりする制度。県や市町村が単独または共同で復興推進計画を作成し、国に認められれば希望する特典が受けられる。計画には、特典を受ける対象の区域のほか「自動車」「食品」など対象となる産業分野も記す必要がある。

(2012-03-04 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

復興特別区域(特区)の関連キーワード復興庁震災大震災東北・関東大震災中越大震災復興基金東日本大震災の農業被害復旧支援東日本大震災の被災者のための税還付制度東日本大震災の復興事業県警の被災地派遣

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

復興特別区域(特区)の関連情報