徳丸 作蔵(読み)トクマル サクゾウ

20世紀日本人名事典の解説

徳丸 作蔵
トクマル サクゾウ

明治期の外交官



生年
万延1年12月(1861年)

没年
大正2(1913)年12月10日

出身地
肥後国(熊本県)

経歴
年少の頃、鳩野茂庵の門に学び、のち東上、明治17年天津に渡り帰国後、日清戦争には陸軍通訳官、30年外務省の通訳生となり、30年から北京公使館に赴任。31年2等通訳官に進む。31年戊戌の政変では弾圧された康有為・梁啓超らを保護し、33年義和団の乱(北清事変)では西徳二郎公使と共に北京に籠城する。のち重慶副領事を経て、領事を務め、汕頭領事に転じた。中国在住10数年に及び、大正2年鎮海で没した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android