コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳大寺実維

1件 の用語解説(徳大寺実維の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳大寺実維

江戸初期の公卿。初名は実保、一字名仕・佳、号は温潤院。仕えて内大臣正二位に至る。天和2年(1682)歿、47才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳大寺実維の関連キーワード五辻元仲桑原長義庭田重親小倉熙季鷹司兼熙梅園季保梅渓英通大炊御門経敦西洞院時成四辻季継

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone