コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳富蘆花・徳富芦花 とくとみろか

大辞林 第三版の解説

とくとみろか【徳富蘆花・徳富芦花】

1868~1927) 小説家。熊本県生まれ。本名、健次郎。兄蘇峰の民友社社員を経て、「不如帰ほととぎす」により文壇に独自の地位を確立。トルストイの影響を受け、キリスト教的人道主義の立場に立ち、粕谷(東京世田谷区)で半農生活に入り、「生活即芸術」の文学をめざした。作品に「自然と人生」「思出の記」「みみずのたはこと」など。本人は姓に「冨」の字を用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徳富蘆花・徳富芦花の関連キーワードトルストイ小説家みみず文壇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android