コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島での東日本大震災の避難者の受け入れ

1件 の用語解説(徳島での東日本大震災の避難者の受け入れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳島での東日本大震災の避難者の受け入れ

県は震災直後から、希望する被災者に県内の公営住宅を無料で貸し出している。県によると、ピークだった昨年2月には29世帯75人が制度を利用しており、今年2月末時点でも14世帯31人が入居しているという。期間は当初2年間だったが、昨年7月から3年間に延長された。このほか、被災者の支援をしている民間団体や親類を頼って避難している人もいて、中には永住を決めた人もいるという。

(2013-03-25 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳島での東日本大震災の避難者の受け入れの関連キーワード漂流被災者災害公営住宅災害復興住宅住宅再建支援制度県内公営住宅に入居する被災者県内自治体の被災地応援被災者雇用開発助成金と地域雇用開発助成金県警の被災地応援東日本大震災の被災者のための税還付制度県内の受け入れ基準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone