コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島大空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳島大空襲

1945年7月4日未明、米軍B29爆撃機129機が徳島市内に大量の焼夷(しょうい)弾を投下した無差別爆撃市史によると、この空爆で死者984人、重軽傷者約2千人を数え、旧市域の約6割が焼失した。同市への空からの攻撃は同年6月1日から7月24日にかけて、この大空襲を含め、計7回に及び、この間、艦載機機銃掃射も相次いだ。

(2017-06-24 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

徳島大空襲の関連キーワード徳島城跡徳島城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島大空襲の関連情報