コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島大空襲

1件 の用語解説(徳島大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳島大空襲

1945年7月4日未明に徳島市であった大空襲。市史によると、午前1時半からおよそ2時間半、米軍のB29爆撃機約100機が三十数波にわたって大小の焼夷弾を投下。死者984人、重軽傷者約2千人を数え、旧市域の62%が焼失した。B29は同年6月1日~7月24日、大空襲を含め同市を計7回襲い、この間に艦載機の機銃掃射も相次いだ。

(2014-07-03 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳島大空襲の関連キーワード徳島市立徳島城博物館横浜・米軍機墜落事故八王子空襲岡山大空襲土崎空襲水戸空襲前橋空襲静岡空襲徳島県徳島市富田浜村崎サイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳島大空襲の関連情報